あぷさらブログ

ニュースや気になる話題でお送りする「あぷさらブログ」

沖縄基地問題は安保問題であり、根源的には日本の独立問題である?

time 2015/07/09

沖縄基地問題は安保問題であり、根源的には日本の独立問題である?

「沖縄基地問題は安保問題であり、根源的には日本の独立問題である」

ちょっと過激な題名になってしまいましたね。

このブログではあまり政治の問題には触れないようにと思っていたんだけど、ここ最近のメディアの報道なんかを眺めているとちょっと的外れでピントのずれた意見をよく耳にするので~どうせならここで私のピントはずれな意見も発表しておこうと思って記事にしてみました。

巷には色んな思想があると思うので、この記事を読まれる人は「そういう見方もあるんだなあ」程度で流していただけるとありがたいです。

 

sponsored link

沖縄基地問題は沖縄の問題ではない

まず私がお話したいのは、沖縄基地問題は沖縄という地政学的な問題ではないということです。

もう皆さんもご存知のように、北朝鮮なんかの弾道ミサイルはテストですでに日本上空を越えてるんですよ。

沖縄が地理的にアジアの要所とか言ってますけど、はっきりいってそう言うのは後付のもっともらしい理由であって真実を隠すための大義名分てやつですね。

アメリカが経験したキューバ危機の時代ならいざ知らす。

もはやそんな地政学的な距離が問題になる時代じゃないですよね。

 

真実は安保問題にある

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約です。

まあ戦勝国と敗戦国が対等で平等な条約を結んだなんて思っている人は、さすがにいないでしょう?

そりゃそうですよね。

この日米安保には踏み絵のような協定が前提になってますからね。

それが日米地位協定です。

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定という説明ですが、ようするに米軍が日本国内で犯罪を犯しても日本の法が及ばないという治外法権を認めた協定です。

この治外法権の被害を多く被ったのが米軍基地の集中する沖縄だったという事なんです。

 

日本が目指すべきは、独立国である

さあ、挑戦的な言葉で恐縮ですが・・・先進国の中で、外国の治外法権を認めている国家がありますでしょうか?

よく皆さんが言われる「日本の外交は・・・」という言葉を聴くたびに私は思うんですよ。

果たして外交面で、日本は独立国として発言していると思っている国はあるんだろうか?

たぶんないでしょうね。

アジアのリーダーとか、そもそも独立も果たしてないから無理です。

じゃあ、なぜそんな状態が続いたのか?

 

真の独立をしなかったから戦後の平和は維持できた

これが結論かなと感じます。

米国と言う世界の警察の庇護の下に居たからこそ、日本人は世界紛争にも巻き込まれずにやってこれた。

もう絶対に戦争はしたくないという国民の強い思いが、そのおかしな状態を肯定して、戦後の平和を形作っていたんですよね。

でもタダではありませんよ。

沖縄を含む米軍基地問題のある地域の治外法権で悔しい思いをしている国民の涙の上にってことです。

米軍基地は日本にとってメリットが大きいから存在しているんだけど、メリットと比べて国家的には小さな問題と捉えられているデメリットを犠牲にしてという意味です。

そういうメリットとデメリットが端的に出現している地域が沖縄だってことです。

 

憲法第9条の前に、日米安保、その前に地位協定・・・

だけどもっとその前にしなきゃいけないことは、米国からの独立なんじゃないかな?

今まで頼ってきた、頼りがいのある親父国であるアメリカ。

そろそろ、日本も親離れして自分の足でちゃんと立ってさ。

地球と言う星の中で、役に立つ国家になる時が来たんじゃないかな?

それに親父国がいつまでも子離れしないなんて言えるのかな?

こっちがいつまでも甘えたいって言っても

いつまでもこの状態を続けてくれるとは限らないでしょ?

 

独立記念日

7月4日のインディペンデンスデイにふと、こんな事を考えちゃったよ。

終戦記念日しかない日本が、いつか手にする独立記念日。

そんな日がいつか来て、実際に独立宣言を聞いてみたいな。

でも覚悟しないとね。

その独立を果たした時から、もう平和ってのは親父がくれるもんじゃないんだから。

自分で自分を守りながら、世界に貢献できる大人としての日本国。

そんな国になったら嬉しいな。

 

最後に・・・

私は戦争に行きたくありません。

もちろん暴力で解決するという戦争は嫌いです。

だから戦争を回避する知恵を最後まであきらめずに産み出さないといけないと考えています。

いぢめは学校や会社だけでなく、国家間でも存在します。

何も言わずいぢめられているだけではその状況からは脱却できません。

じゃあどうすればいい?

勇気を持った行動しか、その状況を変えられないんじゃないかな?

国家として、勇気を持った行動が取れるように我々国民もまた行動すべきですよね。

説教臭くて申し訳ないけど

なんかこんなことを無性に書きたくなったんです。

最後までご拝読くださり、感謝です。

 

 

sponsored link

down

コメントする




PC・WEB

エンタメ

政治・経済

環境・科学

生活・医学



sponsored link

忍者AdMax