あぷさらブログ

ニュースや気になる話題でお送りする「あぷさらブログ」

電力会社比較サイトを比較 お得なプランは?

time 2016/01/30

電力会社比較サイトを比較 お得なプランは?

sponsored link

2016年の4月からスタートする電力自由化

 

最近はテレビでもよく話題になっている電力の自由化に伴う電力会社の自由選択制度。

思えば、NTTが民営化されたときとちょっと似ているかもしれませんね。

選択するからには、当然今よりも電気料金の支払いを安くしたいのは皆さん同じ考えでしょうね。

そこでどのようなプランが自分に適しているのかをシュミレーションして、自分に最適な電力会社を比較検討できるサイトがいくつかあるので、代表的なサイトをご紹介しつつ管理人のシュミレーションもやってみましたので、参考になれば幸いです。

 

電力比較サイトの代表といえばエネチェンジ

テレビのニュース番組でもよく取り上げられてる電力会社の比較サイトがエネチェンジさん。

エネチェンジ

エネチェンジさんのサイトはこちら

さっそく試してみましょう。

STEP1 郵便番号の入力

お住まいの郵便番号を入力することで、その地域で比較できる電力会社の絞込みをおこないます。

STEP2 現在利用中のプランを選択

① 私は関西圏なので、関西電力を選択しました。
② プラン名については、重量電灯A(標準プラン)です。

アンペア数とかはちょっと不明なので選択しませんでした。

③ いまの電気代・使用量は

ここでは、直近の電気代ということで1月の請求明細に書かれている金額、約30,000円を記入しました。

過去1年間の請求記録を見てみると1月は1年のうちで最も高い電気代になっていました。

STEP3 ご家庭の特徴を教えてください

① 世帯数

同一世帯の小学生以上の人数を記入します。

世帯人数は2人を選択。

② ガスの契約の有無

オール電化、電気と都市ガス、電気とLPガス

これら3択から選びます。

私は「電気と都市ガス」を選択しました。

③ 電気を使う時間帯の割合は?

ここでは電力使用の時間帯の割合を決めるのですが、正直ここで皆さん悩まれるんじゃないかなと感じました。

7:30-22:30         日中の使用時間

22:30-翌7:30   夜間の使用時間

これらの割合ということですが、1人暮らしで昼間は仕事してて、帰宅も遅く、自宅での活動がほぼ夜中とかだったらわかりやすいんですけどねえ。

私の場合は、日中も家人が在宅してますし、ペットの為に常に電気を使用している環境もあるので、ちょっと夜間が多いんじゃないかってことで45%-55%という感じにしてみました。

STEP4 シュミレーション結果

年間電気代:252,520円

年間電気使用量:8,254kWh

という結果になりましたが、昨年一年間の電気代を合計して比較してみると、ズバリではないですがニアピン賞くらいになっています。

おすすめ順で1位だったのは、東京電力の関西エリアプランのプレミアムプラン(2年契約)でした。

ここでは実質(ポイント値引き等も含めた)節約額が52762円となっておりました。

年間で5万円も安くなるとは驚きです!

プレミアムプランは契約が2年縛りで、毎月400kWhまでが定額になる、電気をよく使う家庭向けプランらしいですが、過去一年間の月別の最低使用量が5月の使用量397kWhだったので丁度良いプランなのでしょうね。

デメリットについては、やはり2年縛りということで頻繁に安い電力会社に変更できない点でしょうか。。。

2番目におすすめだったのは、関西電力の季時別電灯PS(ピークシフト)ですがこちらは54408円の節約と書いてます。

こちらのプランは23時から翌朝7時までおトクな夜間料金が適用されるプランみたいですね。

夜間使用をちょっと割合多くしたからかもしれませんね。

デメリットもそのまま、夜間使用が少ないと思ったほど割引がないかもという点ですね。

私のケースだと夏季(7月~9月)ピーク時間(13時~16時)もペットの為にエアコンもつけたりするので実際の節約代金が減ってくる可能性もありそうです。

そんな訳でこの結果からは、私の場合だとやはりおすすめNo1のプレミアムプランのほうが無難ということになりましょうか。

 

価格.comの電気料金比較サイト

有名な価格比較サイトのカカクコムが運営する電気料金比較サイトです。

kakaku電力比較

価格.com 電気料金比較

ここではまず、都道府県を選ぶところからはじまります。

① 郵便番号を入力し、現在の電力会社とプランを選択。
② 世帯人数を選択して、平日と週末の在宅率も選択。
③ 月間電気使用量を選択します。

これらを同じように選択入力していきました。

こちらのサイトでは年間使用量の予想が11,451kWhとなってしまいましたが、過去2年間を見ると8,500~9,500kWhくらいだと思うのでちょっと試算の方が大きいので③の月間電気使用量を減らしてみました。

結果は、おすすめ1位はプレミアムプラン(関西エリア)でさっきと同じ結果になりましたが節約額では42358円となりました。

理由としては、月別使用量の試算数値が実際の使用状況に比べて起伏が少ないのが原因かと思われます。

おすすめ2位は、関電系のケイ・オプティコムのeo電気シンプルプランで29,746円の節約です。

こうして2つのサイトで比較すると、電気代だけを考えればプレミアムプランという1つの候補が出てきました。

電力がクリーンエネルギーであることを重要視する方や、ガスや携帯電話とのセット割引などを重要視する方もいらっしゃるでしょう。

考え方は人それぞれですから、これが貴方にピッタリですよとは言えませんが、電力比較サイトで目安は作れるんじゃないかと思います。

結びに比較サイトのデメリットを申し上げるとすれば、比較対象に入っていないプランや電力会社は比較できないという点でしょうか。

当たり前と言えば、当たり前ですが、電力の自由化までは、まだもう少し時間があるのでこれからプラン発表されるところもあるだろうことは想定しないといけないかなと感じました。

新電力比較サイト・・・電力比較に参考にさせてもらったサイトです。

sponsored link

コメント

  • 初めまして。私はセレクトラ・ジャパンで広報を担当している山田と申します。
    セレクトラの本社はフランスにあり、フランスで電力・ガス市場が自由化された2007年に設立されました。弊社はその日本支社でして、2015年から電気料金の比較サイトを運営しています。(弊社のHPはこちらです。  http://selectra.jp/)
    ご案内のとおり、今年の4月から電気の小売りが全面的に自由化され、誰でもどこの電力会社からでも電気を購入することができることになりました。たくさんの電力会社のたくさんのプランの中から1つのプランを決めるのは大変です。そこで弊社の電力料金比較サイトが役に立ちます。電力料金比較サイトでは、各家庭の家族構成や生活パターンに応じてどのプランが最適かすぐにシミュレーションすることが可能です。
    また、電力自由化に関する記事も多数掲載しています。電力自由化後の電気料金の節約のために非常に役立ちますので、ぜひご活用ください。

    by 山田 実大(セレクトラ・ジャパン) €2016-06-13 23:28

down

コメントする




PC・WEB

エンタメ

政治・経済

環境・科学

生活・医学



sponsored link

忍者AdMax